Preview only show first 10 pages with watermark. For full document please download

リレーエッセイ第6回 吉住 晃先生(英語科)

   EMBED


Share

Transcript

リレーエッセイ(第6回) 英語科 吉住 晃 One of my favorite books that I am going to introduce to you is called ‘‘Chichikara Musukoe.’’ The original comes from a world best seller, ‘‘Letters to His Son’’ written by Lord Chesterfield from England. The ‘Letters’ was translated and then key points were picked out. Basically what is mentioned in the book is that there are many important parts to think about in one’s life. What is your ‘priority?’ Thus this modified edition highlights certain things that are thought to be quite meaningful. It gets you thinking. First off, let me briefly introduce some of the interesting and thoughtful teachings you can take note from this book. It says that when we are young, we tend to think that we have unlimited time in life. It is almost like saying that we can keep on wasting it until everything is gone; and in actuality we believe that there is no end to it. But when we have this kind of thinking, it is like losing all the money you got; at the end you notice that all the money you have is gone. Then you realize that there is nothing you can do about it. The book mentions that we need to appreciate every single minute we have. We do not want to take it for granted. The book does not say that we cannot play at all. In fact, we should have some good time; however, we want to make sure that even when we engage in recreation, we need to FOCUS or CONCENTRATE on it. We should appreciate such time and opportunity. The book is not saying that we should only look for ways to have some fun. For instance, you could spend hours on study in the morning. After some years, you can try and count how many hours you studied and you will be surprised with the actual duration. At later hours, perhaps you have some time to communicate with friends or learn some important lessons from the ones you respect. They will give you a lot of new knowledge, perhaps many new things like how this world works. Think about things you can do in a day. There is no time to waste! When you play, you play. When you study, you study. One at a time. When I was in Hawaii, I majored in Communication. During my study, I learned that this world is becoming much smaller; not literally but through technological advancements, distance is not a huge obstacle anymore. Even if we take a look at one simple technology, a cell phone, we can easily reach out to others in an instance. We are always busy with chatting, text messaging, net surfing, etc. We have a television that is always on in a same room. We have personal computers. Ultimately we need to often time study within such surrounding environments. Okay, I came across with the idea of ‘doing several things at the same time,’ multitasking. Multitasking seems to look good at first because you are doing different things at the same time, and when you feel you could handle things a lot; you feel you are super. But sad part of it is that when you look at the quality of the works, they are not satisfactory. Have you ever experience something like4 you sent a text message while you were talking with your parent and watching TV synchronically? Perhaps the contents themselves were way off or you couldn’t listen to the others well or you couldn’t recall what had really happened to the TV program you were somewhat watching. The book also suggests that DO ONE THING AT A TIME and do it well; then you see that you have enough time of doing things in a day. But if you do many things at the same time, they are not accomplished or achieved right; we won’t have and feel enough time. I like to end with the book saying, it is very important that we read books. But we need to know that if we don’t ‘think’ but just read whatever we have in front of us, it’s like piling up a bunch of information in our head. It’s then, and of course, unsorted well and you realize that they are being stacked up4 just out of capacity. We want to see information in a room that is sorted out well so that we can take out what we need, when we need it. We should learn to be selective! Thanx for reading! priority 優 先 す る こ と / highlight 目 立 た せ る / in actuality 実 際 に は / take A for granted A を当然のことと思う / surrounding environment 周辺の環 境 / multitasking 多重タスク処理 / synchronically 共時的に / selective 選 択的 吉住先生、ありがとうございました! リレーエッセイ(第6回) 英語科 吉住 晃 皆さんに紹介したい僕の好きな本の一冊は「父から 息子へ」という本です。この本のオリジナルは世界的 ベストセラーになった、イギリス人の Lord Chesterfield が書いた『Letters to His Son』という本です。そのオリ ジナル本は翻訳され、その後重要部分が選び出され、 この本ができました。 基本的に、この本のなかで述べられていることは、 私たちの人生には考えるべき重要な部分がたくさんあ るということです。あなたにとって「一番大事なこと」 は 何だろうか?このように、オリジナルに修正を加 えて編集されたこの本は、特に重要であると思われる ことが際立つように編成されており、大変考えさせら れます。 まず最初に、この本から読みとれるいくつかの興味 深く親切な教訓を簡単に紹介します。この本によれば、 私たちは若いころは、人生には限りない時間があると 考える傾向があり、すなわち、私たちは全てが無くな ってしまうまで、時間を無駄にし続けることもありうると、ほぼ言うこともできるのだ。 実際に、時間には終わりがないと私たちは信じている。しかし、私たちがそんな考えを 持っているならば、それは持っているお金を全て失ってから、最後に持っていたお金が 全部無くなっていることに気づくのと同じようなことである。そうなってしまって、も うあなたには出来る事は何も無いと悟るのだ。この本は、私たちは持っている時間の全 ての瞬間瞬間をありがたく思う必要があると言っている。時間を当然のものと思うべき ではない。この本は、私たちは遊んではならないと言っているのではない。実際ある程 度は楽しい時間を過ごすべきである。しかし、私たちは娯楽に時間を費やしているとき も、それに焦点を合わせること、すなわち集中することが必要なのだ。 この本は私たちが何か楽しむ方法だけを探すべきだと言っているわけではない。例え ば、私たちが午前中に数時間勉強したとする。何年か後に、どれくらいの時間あなたが 勉強をしたかを計算してみるといい。きっとその時間の長さに驚くだろう。勉強の後の 数時間、おそらくあなたは友達とコミュニケーションをとったり、あなたの尊敬する人 から重要な教訓を学んだりするかもしれない。彼らはあなたにたくさんの新しい知識を、 ひょっとすると世の中のしくみについてといった新しい何かを教えてくれるかもしれな い。1日であなたが出来る事について考えてみよう。無駄にできる時間は全くない。遊 ぶときは、遊び、学ぶときは、学べ。一度に一つのことをしなさい。 -1- 僕はハワイにいたとき、コミュニケーションを専攻していました。研究中、僕はこの 世界はとても小さくなっているということを学びました。それは文字通りの意味ではな く、技術の発達によって、遠く離れていることがもはや大きな障害ではなくなったとい う意味です。携帯電話という一つの技術をとってみても、私たちはかんたんにすぐ誰か とつながることができます。私たちはいつもチャットをしたり、メールを打ったり、ネ ットサーフィンをすることに忙しい。部屋の中ではテレビがつきっぱなしになっている。 パソコンもある。最終的に私たちはそんな環境のなかでしばしば勉強をしなければなら ない。OKだ。僕は同時に色々なことをするという考え、すなわち「多重タスク処理」 という考えに出会った。多重タスク処理は最初は良いものに思える。なぜなら、あなた は同時に色々なことをして、たくさんのことを処理できて、自分はスゴイと感じられる からだ。しかし、悲しいことに、作業の質を見ると、それは満足のいくものではない。 あなたは、テレビを見つつ、親と話しながら、メールを送るというようなことを同時に 行った経験はないだろうか。多分、その内容自体が大きくずれていたり、人の言う事を よく聞けなかったり、一応見ていたと思っていたテレビ番組の中で起こったことを思い 出せなかったりするだろう。この本は提案している。「一度に一つのことをしなさい」そ して、きちんとやりなさいと。そうすれば、1日で多くの事をする時間が十分にあると わかるはずだ。しかし、もしあなたが同時にたくさんのことをしようとするば、それは 完成できないか、あるいは正しく成し遂げられない。そして、時間が足りないと感じる だろう。 この本について語るのはこれで終わりたいと思いますが、本を読むことはとても大切 なことです。しかし、もし私たちが「考える」ことをしないで、前に置かれているもの を何でもいいからただ読むだけならば、それは頭の中に情報の束を積んでいくだけのこ とです。その情報は、もちろん、ちゃんと分類できておらず、どんどん積み上げられて いき、容量を超えるだろう。情報は、必要な時に必要なものを取り出せるように、きち んと分類された部屋の中にあって欲しい。私たちは大切なものをちゃんと選べられるよ うになるべきです。読んでくれてありがとう! (訳:道満) -2-